スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ラノベ 2】いつか天魔の黒ウサギ1

いつか天魔の黒ウサギ900秒の放課後 富士見ファンタジア文庫
鏡貴也

友人から薦められて、読んでみました。

話の展開としては、正直まだまだ分からない部分が多すぎる。。何と言うか、全体が、次巻以降へのプロローグのような印象を受けましたね。
ま、大量の伏線はこれから少しずつ回収していくのでしょうな。

んで・・・
ヒメアという最古の魔術師と、彼女と契約をしている鉄大兎。
この2人が中心となってるのですけど、ヒメアの大兎への思いが、読んでて切なくなるというか、純粋と言うか・・・。。
最初の時点では、大兎自身は契約の事は全く記憶からは飛んでます。ただ、意識の奥底には残ってる様子。
事故をきっかけにして、大兎はヒメアから与えられている自分の能力に気付き、ヒメアの事を思い出していくわけです。

こういった、ファンタジーはそれほど多く読んだことは無いので、ちょっと新鮮な感じ。
2巻も既に発売されてるようですし、また近々買って読む事にしましょう。

いつか天魔の黒ウサギ1  900秒の放課後 (富士見ファンタジア文庫)いつか天魔の黒ウサギ1 900秒の放課後 (富士見ファンタジア文庫)
(2008/11/20)
鏡 貴也

商品詳細を見る
スポンサーサイト

【雑記 3】コミトレ13 行ってきました。

09-01-18_20-53.jpg

1月18日の昨日、コミトレ13に行ってきました。
部活が忙しく、2回生の冬の時に行って以来っすね。。
友人と共に、阪神の駅から4時46分の始発に乗って移動。ついた時点でも300人くらいの人が居ましたね。

でまぁ、
適当にいくばくか買ってきました。画像は携帯撮影なので粗いのは仕様です。
写真にうつしてないものも、もう少しあるけど。^^
随分久しぶりに、資金気にせず散財した気がします。。

参加者の皆さんはお疲れ様でしたと。
サークルで出てた友人らもおつかれさんでしたw 楽しませてもらいましたよ。。

んで、楽しんだ後は、きっちりテスト勉強しないとな。火曜が初日。
卒業単位は終わってるんだけどさ。。

【プレイ記録】 東方人形劇 その4

前回で、どうにか殿堂入りまで到達完了。
図鑑も全国図鑑になりました。

さて、ここからは、グレンでマサキとあった時に行けた1~3のしま、に4~7のしま、を加えて、これらを攻略してくことに。

それぞれの島を巡って、各ダンジョンを順調にクリア。
同時に、集められる限りの人形を収集。
現在は、みつけた数185、つかまえた数96、にまでなりました。

最初に選択する3匹も、ここまで来ると捕まえる事可能なんですねw

さ、これで残るダンジョンは、ハナダの洞窟だけかと思います。
ミューツーの代わりになるのはどんな奴なんでしょうか^^

【プレイ記録】 東方人形劇 その3



toho_05.jpg
toho_06.jpg
toho_07.jpg

というわけで、ゲーム内の時間にして49時間35分にて、殿堂入り完了。
クリア時の、パーティの様子は3枚目の画像の通り。

前回のヤマブキから、相変わらずのサクサク進行。

セキチクから、グレンまで、ふたご島経由で向かうことに。ふたご島内で、伝説の一匹コンガラget。
伝説3匹の中ではこいつが一番苦労した。削っても、じこさいせいは辛い・・。

グレンでは、化石再生。ハクレイとドールズget。
リーダーもサクッと片付け、トキワまで。。

若干てこずりつつも、最後のジムも撃破。
この後とりあえず、残りの伝説系を捕らえに。。

先に、無人発電所。
ギリギリまで削ってボール連打。キクリget

それから、ともしび山へ。
キクリ同様、ギリギリまで削ってボール連打。40個くらい投げただろうかw ユウゲンマget。

ちなみに伝説系3匹含め、getは基本モンスターボール。実はこっちの方が確率よさそうな希ガス。

伝説系集めた所で、ラストに向けてメンバー揃え。
ようむと、さなえを追加する事にして、しばらくの間ひたすら育成。

全員を大体50前後まで揃えたところで、四天王突入。
まぁ、最初からこちらの最高レベル上回る状況で、ギリギリのバトルを繰り返し、アイテムを惜しげなく使って、クリア完了。いやはや、厳しい。

ということで、殿堂入りも済んだし、後は人形集めて、理想のパーティ育成になるかな^^

【プレイ記録】 東方人形劇 その2

toho_04.jpg

高速進行なので、さくさくとすすんでおります。
現在は、ヤマ○キシティまで攻略完了。

今のメンバーはこんな具合。
見事にみんな♀ですw
てか、基本的に♀しか捕まえてません。。

前半、ハ○ダ辺りまでは、各タイプが分からず苦戦してましたけど、だんだん分かってきましたし、仲間も強くなってきたので、リーダーとかも結構余裕。

ずっと、捕まえられる限りは捕まえてきてるので、
見つけた数は99、捕まえた数は47。ほぼ半数ですね。

とっとと、ポケ○ンリーグならぬ、トーホーリーグ?まで片付けてしまいたいもんです。
でもって、理想のパーティ育成を・・・ふふふ。

【プレイ記録】 東方人形劇 その1

toho_03.jpg

家族計画もまだまだこれからですが、ちょっくら友人に触発されて東方人形劇始めてみました。
まぁ元々は、ポケ○ンなんですけど、キャラの属性や出現ポイント、グラフィック等々、変わってる点は多いのでやりがいはありますね。

現在は、ハ○ダシティまで到着。
現時点でのメンバーは、

ちびもみじ Lv13
ちびちぇん Lv12
ちびまりさ Lv15
れーせん Lv12
ちびスター Lv13
ちびメディ Lv12

の6体。。

普通にやってても時間かかるので、再生速度上げながら進行してます。
久しぶりにこの手のゲームやると、やはり面白い。頑張るかね。
(あんたテスト勉強は?)

【プレイ記録】 家族計画~追憶~ その1

kazoku.jpg


次のプレイ記録は、家族計画~追憶~です。
最初に発売された、家族計画、のフルボイス廉価版ってことになりますね。

様々な事情により集まった他人同士による擬似家族。
主人公で、息子役になる司
父親役の寛
母親役の真純
長女役の青葉
次女役の準
三女役の春花
四女役の末莉

この7人を中心として、家族計画がスタート。
さて、この擬似家族の行く先はと・・・。


とりあえずスタートさせて、一通りラストまで進行。
でまぁ、バッドエンドに突っ込んでしまったわけだがw
流石に適当に選択肢選んで進めすぎたな。。

でまぁ、やってみて思ったのが、とにかく長い。。
割とのんびりペースで進めるほうなので時間はかかるんだけど、
OPのムービーまでに約3時間かかりました。
そっからがまた長い長い・・。OPから9時間くらい多分やってると思うのだが、その結果は上記の通りw ここまで共通ルートっすよねぇ・・。
多分、リトバスの共通ルートやったときの倍近い時間がかかってる気がします。


さて、改めて最初から攻略進めなおさないといかんですな・・。この調子だと当分かかりそうですわ。

2009年1月の書籍購入

~電撃文庫~
タロットの御主人様4
らでぃかる☆ぷりんせす!
オオカミさんと洗濯中の天女の羽衣
Kaguya3

~新書~
まじめの崩壊

1月31日追加
~新書~
覚悟のすすめ

【電撃文庫 20】 断章のグリムⅨ

断章のグリムⅨなでしこ・下
甲田学人

上巻読んでからそこそこに時間経ってたので、すっかり話のつながりを忘れているという。

世界観の概要をかいつまんで話すと、様々な異常現象を引き起こす神の悪夢。
過去にこの悪夢に遭遇し、生き残った人々。
生き残ったうちの一部の人は騎士として、他の悪夢に立ち向かっていくわけです。
そんな騎士となっている、時槻雪乃と白野蒼衣が物語の中心となってます。

で、今回の話は童話の「なでしこ」が元になった悪夢の話。
上巻では様々な異常現象が発生し、今回はその続きから解決までです。

断章のグリムの話の中では、結構人が死んでいきます。しかもそれがまたエグイ。
今回の話でポイントとなってくるのが木之崎一真という少年の持つ断章。断章ってのは、過去に遭遇した悪夢のトラウマがその人中に残ったものですね。
で、この一真の断章、これから死ぬ人の机の上に花が見えると言うものなのだが、普通にそれだけであれば、特に害は無いと思われていたですが、その断章の本質はもっと別のものでした。ま、ここは核心に繋がるので伏せ。

一真の保護管理してるような人に群草という老人が出てきます。この人の最後には死んでしまう(?)わけですけど、その姿は中々カッコイイw

ま、微妙にグロテスクなサスペンスに興味あれば、読んでみるのもあり。
次は10巻、どこまで続くのか。。

断章のグリム〈9〉なでしこ〈下〉 (電撃文庫)断章のグリム〈9〉なでしこ〈下〉 (電撃文庫)
(2008/12/05)
甲田 学人

商品詳細を見る

【電撃文庫 19】 俺の妹がこんなに可愛いわけがない2

俺の妹がこんなに可愛いわけがない2
伏見つかさ

第2巻出ました。ということでさっそく読んでみた。

前巻で、妹の桐乃のオタク趣味をカミングアウトされ、人生相談を受ける事になった兄、京介。
今回は、冒頭からいきなり、桐乃に渡されたエロゲをやってたりしますw

最初は桐乃の友人が家にやってくるという話。
まぁ、兄貴ボロクソに言われてたり、なんというエロゲ的なシーンもあったりですが、なぜか最後には桐乃の友人1人とアドレス交換という場面。これが後々色々厄介な事になるんですがね。

次は、京介とその幼なじみの真奈美とのお話。真奈美自身は1巻の時にも出てたけど、まぁあまり活躍の場は無かったですな。
この話では、京介のちょっとした勘違いから、自体はややこしい事になっていきます。そこで、桐乃に逆に人生相談を持ちかけるわけですが・・・。
パソコンの魔力は恐ろしいですww

そして、夏コミのお話へ。
暑さに文句たれてた桐乃だが、結果的には楽しんだご様子。前巻で桐乃のオタク友達となってる沙織や黒猫とともに夏コミを回ってます、もち京介同伴。僕自身は行った事無いですからわかんないですが、まぁ描写されてる雰囲気そのままなんでしょうねぇ・・・。
夏コミ終えてあとは帰るだけ、しかしそこに落とし穴が待っていました。そこから次の話に繋がっていきます。

最後は、桐乃と友人との話。
この友人ってのは、最初の話でアドレス交換した彼女です。
まぁ、ぶっちゃけちゃうと、運命のいたずらか桐乃の趣味がばれちゃうわけですね。
そして友人からは強い拒絶。そこで京介が奔走する事になります。
最終的には何とかなりますが、京介は色々と大事なものを失ってしまったようですwww


今回も中々面白かったデスわ。京介に対する桐乃の微妙な心理状況も見て取れて、2人の感情や考えがどのような方向に向かっていくのか期待したいところ。

【電撃文庫 15】 俺の妹がこんなに可愛いわけがない

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈2〉 (電撃文庫)俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈2〉 (電撃文庫)
(2008/12/05)
伏見 つかさ

商品詳細を見る

【雑記 2】 2009年、今年もよろしく

はぃ、というわけで2009年になりました。。

今年もよろしくお願いします^^

いい年である事を切に願う。
ブログ内検索
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。