スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【電撃文庫 17】 ラッキーチャンス!4

ラッキーチャンス!4
有沢まみず

早くも4巻ですなぁ。

今回は、校長のサモン=時次郎の知り合いであるマクリエール里子という占い師による託宣によって、雅人たちの間にひと波乱。

占いの託宣によって、それぞれの思いにしたがって、ドタバタ劇が発生。しかし実は占いの結果は・・。

今回は雅人の活躍らしい活躍は余り見られなかったすな。ついでに、その不幸さも際立った印象はなかった。次の巻ではどんな災難に巻き込まれるのかを楽しみにしたいところw

少しずつ変化していく、二ノ宮良子の心理。この思いは友情?恋?

今回も出てきた、天草沙代。ツンデレ系のキャラが定着してきましたね。勝手に釘宮ボイスが再生されて困る。あとなぜか、前作に引き続き全裸になってしまったりするけども、作者の趣味?

だんだんと、複雑になっていく恋愛模様。どんどんとラブコメ色が強くなっていきますなぁ。
さて、最後に出てきたローソクの意味する所は・・。

【電撃文庫 13】 ラッキーチャンス!3

ラッキーチャンス!〈4〉 (電撃文庫)ラッキーチャンス!〈4〉 (電撃文庫)
(2008/10/10)
有沢 まみず

商品詳細を見る

【電撃文庫 16】 みずたまぱにっく。3

みずたまぱにっく。3
ハセガワケイスケ

みずたまぱにっく、第3巻。
聖アンジェリカ女学院中等部の「薔薇の団」4人組と、水田マシロが織り成す物語。

今回は、薔薇の団の一人、藤間陽向を中心として話が進んでいきます。
陽向、不思議系であり、特技は立ったまま寝ることw

そんな陽向とマシロは、薔薇の団4人が住む寮の管理人アサミ子におつかいを頼まれることになり、一緒に出掛ける事に。
ところが、そのおつかいは波乱のきっかけでした。

陽向と花向。2心同体と言える2人。
2人の心に触れて、マシロはまた人と関わることの楽しさを知っていきます。

文章と言うよりは、詩のような感覚で書かれた文体が、すっきりと心の中に入ってくるような感じがします。ちょっと、読んでみて心温まる時間をどうぞ^^

みずたまぱにっく。〈3〉This is MIZUTAMASHIRO!! (電撃文庫)みずたまぱにっく。〈3〉This is MIZUTAMASHIRO!! (電撃文庫)
(2008/11/10)
ハセガワ ケイスケ

商品詳細を見る

【電撃文庫 15】 俺の妹がこんなに可愛いわけがない

俺の妹がこんなに可愛いわけがない
伏見つかさ

発売した時には、興味は持ったけどとりあえず資金的に保留にしてた本。その後、ネットでの評判が割りといいみたいなので購入。

帯に乃木坂春菜の絵が付いてて、何でだろうとは思ったものの、読んでみて納得。確かに、話の展開として、設定的に近しいものはあるっすね。
ただ、中に出てくるキャラのイメージは大分異なりますが。

かなりの美少女であり、文武両道、モデルもこなす妹、桐乃。
妹からはゴミのような目つきで見られる、平凡な兄、京介。

この2人の心理変化、特に兄の側の心理を追っていくと、その微妙な心理に結構考えさせられる部分も多かったかなぁと思います。妹の可愛さよりも、兄貴のかっこよさを感じるような作品だったかなぁという感じです。

兄の視点から物語は語られているので、妹の内面心理に関しては、文章描写から推測していくしかない。けれども、最後に見せた姿、あれが妹の本来の姿なんでしょうかねぇ。それまでは、世間体を気にしつつずっと気を張って生きてたけど、そのプレッシャーが少し和らいで、素の自分を一瞬だけ出せたのでは、などと想像してみます。

12月の新刊で、続きが出るようですので、是非とも読んで見ようと思います。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない (電撃文庫)俺の妹がこんなに可愛いわけがない (電撃文庫)
(2008/08/10)
伏見 つかさ

商品詳細を見る

【電撃文庫 14】 いつか、こいまち!

いつか、こいまち!
長谷川昌史

主人公、一ノ瀬真哉は親の仕事の都合で親戚の家にお世話になる事に。
そして、転校した先の学校で、隣の席になった香野甘楽は恋のカミサマでした。

2人を中心として、物語は進んでいくが、ちょっと淡々としてたかなぁという印象。
もうすこし、盛り上がりが欲しかったかなぁ。。

あとは、キャラ設定をもっと生かして欲しかった。
結末は意外性があると思うが、特に真哉と莉奈は結局どうすんの?って感じ。

でもまぁ、一応読み切りだし、読みやすいので、さくさくと読むにはちょうどいいかな。
もし続きがあるなら、気になる所です。

いつか、こいまち! (電撃文庫)いつか、こいまち! (電撃文庫)
(2008/05/10)
長谷川 昌史

商品詳細を見る

【電撃文庫 13】 ラッキーチャンス!3

ラッキーチャンス!3
有沢まみず

強力な霊能者で”ごえん”使いの外神雅人と、元疫病神で現在は福の神として活躍中のキチによる、ラブコメの第3巻。

今回も、雅人とキチとその周りのキャラとで、色々波乱がw

雅人がいつも以上に不幸に見舞われたり、鏡の低俗霊によって、いろんなキャラの見た目と中身が入れ替わったり。。

メインの話は、雅人とキチによる温泉への小旅行。まぁ、雅人が霊的な依頼を受けて、そのために温泉に行く事になったわけで。。そこに、キチのことを調べている霊的捜査官の天草沙代が突如現われて・・。
ま、温泉ということで、サービスシーン満載でお届けされております。
沙代は面白いキャラだと思います。

雅人とキチの物語はまだまだ続きそうですw

ラッキーチャンス! 3 (3) (電撃文庫 あ 13-22)ラッキーチャンス! 3 (3) (電撃文庫 あ 13-22)
(2008/05/10)
有沢 まみず

商品詳細を見る
ブログ内検索
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。